Just another WordPress site

テニスの今後の課題

学生時代のころ誰もが体育の授業などでテニスをやったことがあるでしょう。
また、20代の人たちは当時流行っていた漫画の影響で部活動でやっていた方もいるかもしれません。
しかし、学校を卒業すると一気に遠ざかってしまう人も多いのではないでしょうか。
日本におけるテニスの環境は世界で活躍する選手こそ出ていますがまだまだ後進国といえる状態がここ最近続いています。
これはやはりほかのスポーツが日本ではあまりにもメジャーすぎて関心が少し薄い事、日本のプロトーナメントがまだまだ一般の人たちの注目を集めていないこと、一般的にコートなどの整備がまだまだ日本では遅れている事などの原因が複雑に絡み合っているからだと思われます。
今後テニスを行う環境をよくするためには学校の部活動だけにとどまらず、どれだけ知名度を上げることができるか、どれだけ若い才能を発掘し、世界的なプレイヤーをどれだけ輩出することができるかが重要となるでしょう。

注目を浴びてきたテニス

スポーツはいつの時代も人々を熱狂させてきました。昭和の時代に子どもをとりこにしたのが、野球やプロレスでしたが、平成に入り、Jリーグが開幕し、サッカーが人気となりました。多くの日本人が海外のトップリーグで活躍したり、ワールドカップに日本が出られるようになったことなり、世界的で戦えるという理由から、サッカーを始める子どもが急増しました。
そして、今サッカー人気に負けずに注目を浴びているスポーツがテニスです。以前はお金持ちのスポーツというようなイメージがあり、一般の人には馴染み深いものではありませんでした。日本人のプレーヤーも世界的な活躍を見せる人はごく一握りでした。
しかし、近年では錦織圭の活躍がテレビや新聞などで大々的に取り上げられており、テニスは注目を集めています。あと少しのところで全米では優勝を逃しましたが、錦織圭はアジア選手として初めての4大大会のファイナリストとなりました。これは歴史に残る快挙でした。今までは四大大会で優勝することができる日本人プレーヤーは当分出ないとまで言われていた中で、優勝まであと少しのところまできたのです。その成績に比例して、錦織圭の収入も当然アップしました。賞金だけでも5億円とされ、これに加えスポンサー収入が激増しています。多くの場合、子どもがスポーツを始めるときには親の意向というものが存在しますが、錦織圭のような選手になってもらいたいということから、テニスを始めさせる親が増えています。


recommend

ジッポライター
http://shop.zippotime.net/
買取 札幌
http://www.recyclemart-hiraoka.com/
ネイルサロン 浦和
http://diarily.com/
ご出産祝いに「おむつケーキ」「おむつバスケット」を♪
http://bv-baby.jp/

2015/2/25 更新